相場の特徴は長期トレンドから

0.01円単位から0.1円単位と、小刻みなレンジ内で動くのが短期相場の特徴です。1分足チャートを見ると、ほとんど持ち合いに近い状態で動くことが珍しくありません。その小刻みな値幅でさやを抜くのが、いわゆるデイトレードと呼ばれる投資手法です。 しかし、まったくの初心者が、いきなりデイトレードで利益をあげるのは簡単ではありません。

勝率を高めるには

というのも、一般的には相場の先行きは、長期よりも中期、中期よりも短期と短くなるほど読みにくくなるからです。FXをはじめたばかりの人が短期で稼ごうと考えるなら、デイトレードからはじめるのではなく、まずは1週間~1ヶ月前後の中短期売買からスタートするのが無難だと言えます。そのうえで長期のトレンドを踏まえながら、相場の動きを予想すするのが勝率を高めるポイントとなるでしょう。

スワップポイントに惑わされるな!

金利の低い通貨を買って金利の高い通貨を売ると、スワップポイントを支払うことになります。たとえば、米ドル安局面では、売りから入って利益を追求するわけですが、その場合、1日ロールオーバーするたびに100程度のスワップポイントを支払うことになります。

ちりも積もれば何とやらで、少額のスワップポイントでも、累積されれば決してばかにならない金額になります。それを嫌って売りからはいることを敬遠する人も少なくありません。中短期売買は、1週間~10日間前後の取引ですから、累積額はさほど大きなものにはなりません。

下降相場でも利益をあげられるのがFXの魅力の一つです。スワップポイントの支払いを敬遠して、売りからはいることは、せっかくのチャンスを逃がすことになりかねません。

1万通貨の取引であれば、1週間のスワップポイントは1,000円前後かそれ以下でしょう。その間に、もし為替差益が0.5円生じれば、5,000円前後の利益が出るわけですから、採算が合うわけです。しかも、一方的な下落相場の時は、差益がどんどん広がりますから、スワップポイントを支払いながらも売り持ちを続けた方が稼げる場合もあるのです。

スワップ金利に惑わされて、利益をあげられるチャンスを逃さないような思考も大切です。

中長期トレードにオススメ『外貨ex』

取引条件

サイバーエージェントFX
最小取引単位 最低証拠金 信託保全
1000通貨 500円 全額信託

サイバーエージェントFXは取引単位が1000通貨、最低証拠金500円からトレード可能です。取引ツールも簡単ですからFXがはじめての方にもお薦めの会社です。